おはなしの雑貨屋さん

家を買いたい20代がゆっくり更新するブログ。

就活の面接はアルバイトの面接くらい簡単でいいと思う


zakki03

 

アルバイトの面接に行ってきた

 

こんにちわ!猫だるまです。

 

今日もひとり言。最近ひとり言多いです笑

 

しばらく無職の期間が続いたのでアルバイトの面接に行ってきました。

 

面接時間は10分ほどで終わりそのまま帰宅しました。

 

そのときの面接内容ですが

 

  • 土日祝日・正月ゴールデンウィークも入れる?
  • 重いもの持てる?
  • 最寄り駅は?(たぶん交通費がかかるか確認)
  • シフトで「この曜日は入れない」など希望がある?
  • 何か質問ある?

 

これくらいでした。

 

大学生の就活もこんな感じでいいんじゃない?

 

あとあと思い出すと、なんてシンプルなんだろうと思いました。

 

必要なことしか聞いていない。

店の希望と応募者の希望を聞いて、雇ってもいいと思えば雇う。ダメなら不採用。

 

これを就活でもやればもっとスピーディに、もっとたくさんの企業の面接を受けられるんじゃないでしょうか?

 

聞く内容は

 

  • 残業できる?
  • 転勤の可能性あるけど、それでもいい?
  • 入社したら研修で〇〇に行ってもらうけどいい?
  • 入社までに▲▲の資格とってもらう必要があるけどできる?
  • うちの募集職種は〇〇、××、□□だけど、どれを希望する?その理由は?

こんな風にもっと具体的で率直な質問だけ学生にすればいいと思います。

 

  • 学生時代にがんばったことは?
  • 自分の長所は?短所は?
  • 10年後の自分は何をしている?
  • 自分を動物に例えると?

とか聞かなくていいよ!動物に例えなくていいよ!

こんな質問は時間がかかるわりになんの参考にするんだろう?といつも疑問です。

 

就活指南書には質問の意図は「こうだ!」と書いていますが、その仕事の適性を見る質問としては外れている気がします。

 

人事担当者もすぐ答えられないような質問をするくらいなら必要なことだけ確認すれべいいのです。

 

そうすれば、エントリーシートも手書きでびっしり埋める必要がないばかりか、A5の用紙で事足りるんじゃないですかね。

 

転職も当たり前の時代になってきたのに、1社目だけなぜ何か月も何時間も時間をかけるのでしょう。無駄や非効率を現代人は嫌うのではなかったのか・・・。

 

交通費もばかにならないし、もっと簡潔に終わらせたらいいのに。

 

こんな記事も書いてます

 

良かったら見てください!

 

www.ohanashi-zakka.com

 

www.ohanashi-zakka.com

 

www.ohanashi-zakka.com