おはなしの雑貨屋さん

家を買いたい20代がゆっくり更新するブログ。

【最新刊】約束のネバーランド12巻のレビュー!


yakusoku-neverland

 

はじめに

こんにちわ!猫だるまです!

約束のネバーランド12巻が出ましたね!11巻の帯に発売日が1月4日とあったので、とても楽しみにしていました。さっそくレビューしていきます!約束のネバーランドを読んだことない人向けにあらすじも書くので、読んでいる方は目次から飛んでください。

あらすじ

グレイスフィールド孤児院で暮らすエマ・レイ・ノーマン。実は孤児院は仮の姿で、本当はエマ達子どもは孤児ではなく鬼に食べさせる食用児として育てられていました。その真相を知ったエマ達は孤児院から脱走し、人間に味方する鬼や新たな人間達と出会います。そして人が食用として狩られる世界を変えようと仲間達と謎に挑みます。ジャンプでは珍しいダークファンタジーですね。

スポンサーリンク

 

見どころ

ゴールディ・ポンド(GP)でレウウィス達をなんとか打ち負かし、今回は謎解きで進展がありました。クヴィティダラの遺跡で過去の幻覚が見えたシーンでは、鬼の子供のよなものが言った何やら意味深なセリフが気になりました!また時間が進んでエマ達は鬼の集落に潜入!急に鬼達の生活が見えてきました。鬼達にも暮らしがあるのね・・・。

しかも、今度は敵側の人間が登場!アンドリューという登場人物が出てきました。アンドリューら精鋭部隊ににシェルターを襲撃されてしまいます。エマ達は出入口をふさがれ、人間同士で戦うことに・・・。もう次巻が読みたい!

商品購入はこちら

スポンサーリンク

 

こんな漫画も読んでいます

◆ギャグ×歴史×グルメのてんこ盛り漫画!

www.ohanashi-zakka.com 

ゆうきまさみが歴史コミック!? かなり新鮮。

www.ohanashi-zakka.com