おはなしの雑貨屋さん

家を買いたい20代がゆっくり更新するブログ。

【残業「できない」時代?】駅ナカのワーキングスペースは役に立つか


working-space

 

残業にうるさい会社でどうやって仕事するか

 

こんにちわ!猫だるまです。

 

残業に関する問題がメディアで取り上げられてからというもの、早帰りデーだの強制消灯だの、残業にうるさい会社が少しずつですが増えています。

 

それでもって仕事は持ち帰るな!というわけですからできるだけ勤務時間内に仕事をしてしまいたい。

 

しかも外出が多いから会社に帰ってからデスクワークなんてやってられません。

 

・・・というとき、外出先でもちゃんと座れて作業できる場所が欲しいですよね。

公園とか吹きっさらしのところじゃなくて、屋内で。

 

そういうところってカフェぐらいしかありませんから平日の昼、カフェに行こうものならビジネスマンがノートPCでカタカタやっているのをたくさん見かけます。

 

しかし、カフェだと飲み物を頼まないといけない。作業だけさせてくれる場所はなかなかありません。

 

駅ナカに作業スペースが登場

 

そういった事情を踏まえて実験的に設置されたのが富士ゼロックスが開発した「サテライトオフィスサービス」。

 

wpss.jp

 

中はデスク、電源コンセント、無料Wi-Fiなどがあり一人がゆったり作業できる広さ。

料金は実験中なので確定ではないですが、2019年2月28日までは15分で200円。

1時間使っても1000円かかりませんね。

 

ビジネスマンだけでなく就活生が履歴書書いたり化粧直ししたりにも使えるとのこと。

確かに、就活生も面接と面接の間の時間などは行くところがないのでマクドナルドやスターバックスにいるのをよく見かけます。

 

いかに時間を有効活用するか

 

最近は作業場所だけ提供するサービスをちらほら耳にします。もう会社に帰ってからじゃいろいろ間に合わないんでしょう。

 

メールのやりとりもそうですが資料作成なども外出中にやらないと残業が長引いてしまいます。

 

外出中の空いた時間を少しでも有効に使おうと考えている人が多いのですね。

 

てか仕事多すぎ問題

 

でも外出先での作業場所を増やしても仕事の量が減ってないじゃないですか!

マジメなビジネスマンがなんとか時間をやりくりして仕事を処理しているだけな気がします。

 

なんだか仕事量に関して極端ではないでしょうか。

仕事の多い人は絶望的に多いし、少ない人はやることがなくて困っています。

 

ワークシェアリングという言葉がありますが、うまく仕事をマニュアル化して誰にでもできる状態にして上手に分配していかないと仕事が円滑に回らないのでは?

 

人手不足だとか騒いでいますが人手の問題ではなく仕事の分配の仕方が下手くそなんじゃないかと私は思っています。

 

こんなに仕事しているのにいつまでも楽できないなんてまさに生き地獄。

電車に乗っていると死んだ顔の人がたくさんいるわけです・・・。納得。

 

こんな記事も書いてます

 

良かったら見てください!

 

www.ohanashi-zakka.com

 

www.ohanashi-zakka.com

 

www.ohanashi-zakka.com