おはなしの雑貨屋さん

家を買いたい20代がゆっくり更新するブログ。

転職に悩んだらおすすめ「転職の思考法」のレビュー


tenshoku-no-shikouhou

はじめに

こんにちわ!猫だるまです。転職に関する本って本屋にたくさんありすぎて、どれを選んだらいいんだろう?ってなりますよね。どの本を読めばわからない!というあなたに「転職の思考法」という本はおすすめです。さっそくレビューしていきたいと思います!

ストーリー形式で読みやすい

「転職の思考法」は正式タイトル「このまま今の会社にいてもいいのか?と一度でも思ったら読む転職の思考法」です。このタイトルの通り、今働いている会社に居続けていいのか悩んでいる人向けです。

そういった人がどうやって自分に合った会社を見つけたらいいのか?をストーリー形式で追っていきます。小説風味なので、淡々とデータを示した教科書よりすっと頭に入ってきます。

スポンサーリンク
 

あらすじ

 主人公青野は現在転職を考えている30歳のサラリーマン。本屋で転職本を読んでいると、赤神というキャリアアドバイザーからある男を紹介されます。その男は敏腕コンサルタントの黒岩。黒岩から様々なアドバイスをもらいながら、青野は理想の会社を見つけて就職するため行動を開始します。

転職するための考え方を学ぶ本

「転職の思考法」は、著者が唱える理論をストーリーで具体例に落とし込みながらわかりやすく書かれた本です。いい会社とはどのようなものか?どこで判断するのか?また、会社に売り込む自分の価値とは?どのように見つけ出すのか?青野を例にとって考えていきます。

また、最後に要点をまとめているので、全部読み返さなくてもまとめを読めば内容を思い出せる親切な本でもあります。分かりやすさを意識して書かれているのが分かります。自分のキャリアを一層高める「良い転職」をするためにこの本はおすすめ!ぜひ読んでみてください。

スポンサーリンク

 

 フリーランスの方にはこの記事も読んでほしいです。

www.ohanashi-zakka.com

 

 起業に興味がある方はこちら。

www.ohanashi-zakka.com