おはなしの雑貨屋さん

家を買いたい20代がゆっくり更新するブログ。

ゆうきまさみの歴史コミック「新九郎、奔る!」が面白い!


はじめに

こんにちわ!猫だるまです。

先日、NHK放送歴史秘話ヒストリアの「北条早雲」特集で漫画家ゆうきまさみ氏が歴史コミックを出したと聞き、調べてみると面白そうだったので早速購入してみました。タイトルは「新九郎、奔る!」。実際今後も期待大な漫画なので紹介します!

コミカル多めだけどしっかり歴史もの

主人公は北条早雲。戦国時代の先駆けとなった人物です。またの名を伊勢新九郎盛時

だからタイトルに「新九郎」って入ってるんですね。この新九郎が幼少の頃から物語はスタートします。

こんな表紙です。ゆうきまさみが書く歴史漫画・・・。どんな感じなのか読む前はまったく想像つきませんでした。なんでかというと私は「パトレイバー」が好きなので読んでいたのですが、けっこうコミカル要素が強かったのでゆうきまさみが歴史漫画を描くってピンとこなかったからです。

スポンサーリンク
 

ですが、読んでみて思ったのは「あ、ちゃんと歴史ものだ」ということです。出てくる用語がとても分かりやすく漫画内で解説されていますし、当時の幕府や諸大名の政治的思惑も史実に沿うように織り込まれていてなんだか「学んでる」感があります。なので文字数は多め!笑

しかしコミカルな描写もまあまああるので、あんまり緊張感がないです。真面目すぎると教科書になるし、コミカルが多すぎるとふざけてる感が出てしまうし、バランスが難しいですよね。

 ゆうきまさみ氏はツイッターで上記のように語っています。もともとやりたかった漫画らしい。室町から戦国にかけて時代が変わる時っていうのはいろいろなドラマがありますよね~。これからも楽しみです!