おはなしの雑貨屋さん

家を買いたい20代がゆっくり更新するブログ。

明るい定年後人生を手に入れたい!「50代シンドローム」って知ってますか?


50代シンドローム
はじめに

こんにちわ。猫だるまです。

特に会社員の方は、定年後の人生について考えたことがありますか。不安がありすぎて考えたくないという方もいるかもしれませんが、定年をもうすぐ迎えた50代が陥るかもしれない「50代シンドローム」という言葉について紹介します。

なぜ50代?

50代の会社員は、会社においてどんな立場なのでしょう。もちろん様々でしょうが、その例が東洋経済オンラインの記事に載っています。

今、50代ビジネスパーソンは勤務する会社で「3つの壁」に悩まされているという。「役職定年」「出向」「年齢を理由とする配置転換」だ。これらの壁によってモチベーションが低下してしまっている現状を・・・「50代シンドローム」と表現する。(記事より引用)

50代社員は、もうすぐ定年ということもあり、第一線で活躍するということは少ない。会社でも戦力外扱いされ、モチベーションが上がらないのですね。

スポンサーリンク
 

「定年後」の人生を考える

「50代シンドローム」になってしまう前に「定年後の人生」を見据えて行動しよう!と様々な活動をしている団体があります。その名も「定年後研究所」。

 メディアでも取り上げられ、そのサイトには50代がどうこれからを生きたらよいのか?についていろいろなヒントを投げかけています。定年後研究所は「会社人生」から「自走人生」へという考えを50代に持ってほしいと言っています。定年後は自発的に生きることを考えないといけないということですね。

定年後からでは遅い!

「自走人生」の考え方を身につけるには、退職してからでは遅いです。会社員でいるうちに、この考えかたを身につけて、いきいきとした定年後を迎えたいものです。